キャンプと釣り

キャンプや釣り、休日に子供と遊んだ日記 近畿地方を中心にキャンプや波止場で海釣り、琵琶湖を中心にブラックバス釣り

Top > 子供と遊び > 白浜エネルギーランド

白浜エネルギーランド

2/22(金)~23(土)1泊2日

>>白浜アドベンチャーワールド情報はこちら


白浜エネルギーランド

■チケット
アドベンチャーワールドに続きこの施設も微妙にお金がかかります。
ここも最低限JTBの割引チケットあたりで抵抗しましょう。
高校生以上 1,800円→1,620円
小中学生 1,200円→1,080円
3歳以上 500円→450円
になります。

子供たちが楽しめればいいかと、それほど期待していなかったわりにはそこそこ楽しむことができました。ミステリーハウスなんかはかないいい味をだしている大人でも楽しめる施設です。

楽しみ方の手順としては・・・

入場する前から軽く昭和のにおいが漂ってくるのですが、入管してびっくり。昭和も昭和、我々も知らない万博で活躍したようなロボットがお出迎えしてくれます。さらに進むとビックサンダーマウンテンを意識したようなエレベーターホール。
このあたりの状況を見てこの先を期待する人はほとんどいなくなります。おそらくこれは施設の作戦です。
さらに私たちは運よく太陽の街という施設の観覧からスタートしました。これまた万博級クラスのジオラマと映像。これには子供たちもびっくり。うちの子は帰りたいと泣き出してしまいました。
しかし、楽しみ方の手順としては一番はじめに太陽の街を訪れることが大正解であることが後々わかってきます。なぜかと言うと、この時点で期待というハードルは高さ2cm程度。これ以下に下がることはないところまで下がります。
ここまでの心理状況になればエネルギー館のマーケティング部(あるんか?)の思う壺です。これ以下がないということは後は上がる一方なのです。

トリックアート→これテレビでよく見るやつだ家族大はしゃぎ
音の森→お話アンテナにはお父さん興味津々
ミステリーハウス→これはかなりいけてる 追加料金払ってもいいかも
パラレルワールド→幼稚園くらいのツボ?息子は2回まわっていた
立体映像→はじめて見た子供たち(幼稚園以下)大興奮

最後にアスレチック迷路で楽しさ大爆発。有料なのですがこれがなかなか面白い。迷路内で6個のスタンプを集めるスタンプラリーをする形式になっているのですが、これがなかなか見つからない。はやくスタンプを集める競い合いをすればさらに楽しさ倍増です。

このあたりまで楽しめば映画1本観たくらいの価値はあるな~と思えて退館するころには満足状態になっているはずです。

ですので順路としては太陽の街を1番にするか、人が多い時間帯だとジュラシックツアーなどもハードルを下げる効果があるので(一番お金がかかっているわかるが・・・となってしまう施設)お勧めです。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
家族でアウトドアを楽しめたらええな~私も家内も楽しいし、子供たちが大きくなって家族ができたときに思い出してくれたら最高やわ・・・クソ暑くて眠れないテント、温泉で水泳して怒られ、スイカ割り、海水浴、飯盒炊飯、BBQ・・・とりあえずの楽しく生き抜いていく力と知恵を身に着けばなんとけ生きていける.そんな高卒父ちゃんのアウトドア日記

キャンプと釣り カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
釣りランキング
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
リンク
ブログ内検索
RSSフィード