キャンプ道具選び - スポンサー広告家族でキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ道具選び

お店でみているだけで楽しいキャンプ道具。メーカも種類もいろいろあって迷いますよね。もちろん安くて丈夫なものがいいに決まっているのですが少し違った視点で道具選びについてお話したいと思います。

まず下の写真をごらん下さい。
キャンプ道具コールマン

左から

Coleman(コールマン) ウィングテーブル
Coleman(コールマン) ウィングテーブル


●収納時サイズ:約15×13×100(h)cm



Coleman(コールマン) イージーロール2ステージテーブル4
Coleman(コールマン) イージーロール2ステージテーブル4


●収納時サイズ:約18×12×71(h)cm



Coleman(コールマン) スリムキャプテンチェアアルファ
Coleman(コールマン) スリムキャプテンチェアアルファ


●収納時サイズ:約17×17×82(h)cm



となっています。それぞれ収納サイズを記述しましたが、1つだけ長いのがおわかりだと思います。
テントやタープ、スタンドなどほとんどの道具が70cm~80cmの棒状で収納できるようになっています。
ところが1本でも長いものがあると車に収納する際に意外なほど苦労します。

よって少し大きめのテーブルがほしい場合はこちらが正解となります。
Coleman(コールマン) イージーロール2ステージテーブル6
Coleman(コールマン) イージーロール2ステージテーブル6


●収納時サイズ:約16×21×71(h)cm



道具の購入を検討するときはセットされている状態だけでなく、収納時にどのようなサイズになっているか、どれくらい重いのかというのも重要になってきます。
実際、私は1本だけ長いこのテーブルでいつも苦労してます。
キャンプ道具 収納

Tag:キャンプ

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。