淡路島 伊毘うずしお村オートキャンプ場② - スポンサー広告家族でキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島 伊毘うずしお村オートキャンプ場②

8/16~18(2泊3日)淡路島 伊毘うずしお村オートキャンプ場②

キャンプレポートの続き
①伊毘うずしお村オートキャンプ場 サイトの状況はこちら

<淡路島 伊毘うずしお村 ビーチ>
淡路島 伊毘うずしお村海水浴場

キャンプ場の目の前がビーチになっています。
波もほとんどなく穏やかな海です。透明度は2m弱でスズメダイ、ボラ、イワシの大群?アジ、タイ、ベラなどなど地味目ではありますがいろんな魚が泳いでいます。
シュノーケル必須です。& 子どもたちにはライフジャケットを着て泳ぐと安心ですよ。
淡路島 伊毘うずしお村海水浴場

シュノーケリングしながらの釣りというのが可能です。これがなかなか楽しい。サイトフィッシングです。遊び方はブラックバス釣りなどに使う2ピースの竿の先だけ使います。
先に1mほど道糸をだしてその先にハリス0.8号、針6号くらいのマス針をつけます。水中で扱いやすいように適当な噛み潰しおもりをつけておきます。餌はそのへんに小さいカニがいますので甲羅をとって足の部分を餌にします。釣りかたは泳ぎながら餌をブラブラしてると自然と魚がよってきます。
1匹が餌を口にして食べれるとわかると5匹くらいが一斉に餌をめがけて突進してきます。大きめの餌にしておくと大きい魚しか口に入らないので大きい魚だけが釣れますよ。

<海ほたる>
うずしお村HPには毎週土曜となっていますがお盆休みは毎日やっていたようです。見てみたい人は管理人さんに聞いてみてください。

お金払ってでも見たほうがいいかもしれません。すごく綺麗で幻想的です。海に生息する微生物のようなのですがストレスを感じると発光するそうです。仕掛けを引き上げて砂浜にばらまくと無数の光が出現します。綺麗な海でないと生息できないそうで年々数が減ってきているとのこと。昔は夜に普通に泳ぐだけで体中に海ほたるがついて光ったそうです。

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。