キャンプと釣り

キャンプや釣り、休日に子供と遊んだ日記 近畿地方を中心にキャンプや波止場で海釣り、琵琶湖を中心にブラックバス釣り

Top > 家族でキャンプ > 知内浜オートキャンプ場

知内浜オートキャンプ場

9月19日~21日 知内浜オートキャンプ場

シルバーウィーク2週間前。そろそろキャンプ場でも予約でも・・・

完全にナメきっていました。とんでもない状況になってたみたいですね。

それでも3件目の予約の電話でHit。BBQサイトなら空いてますよと。

19日(土)はそうでもなかったですが、20日は200以上あろうかというサイトがほとんど埋まっているではありませんか・・・驚きです。

自分たちの予約できたバーベキューサイトはこちら
知内浜オートキャンプ場

広さは1番(真後ろに共同炊事場あり)、4番あたりが広いです。私たちは5番で狭くはないのですが、備え付けの椅子とテーブルがサイトレイアウトの柔軟性を奪い、逆にデットスペースができて使い勝手が悪かったです。スクリーンタープとテントを合体する場合は長細いサイトのほうがいいですよね。

Hスペースとかは最近埋め立てたのかもしれませんね。パンフレットには養殖場になってます。
まだ芝生も綺麗に生えてないですし、小学校の運動場みたいな地面でした。
知内浜オートキャンプ場

メインのA-Bサイト
知内浜オートキャンプ場
松で覆われていて直射日光を避けるようになっています。
今回も多少テント、タープが汚れましたが、松はどうしても松脂がでるんですよね。

電源付きサイト
知内浜オートキャンプ場
車を置くスペースとテント、リビングスペースが分かれています。
松の木の配置を考えながらレイアウトする人用がありあそうです。

価値観によると思いますが、湖畔のサイトは価格なりの価値はあると思うのですが、場所によっては疑問を感じる方も多いのでは。それにしても琵琶湖湖畔のキャンプ場はどこも料金設定が高めですよね。(Eサイト)
知内浜オートキャンプ場

湖畔
知内浜オートキャンプ場
この日もすごい風だったのですが、風対策はしっかりしておきましょう。琵琶湖はほとんど海と思っていいくらい少しでも天気が荒れるととんでもない風が吹きます。突然の天候の変化に備えてしっかりロープは張っておきましょう。

フリースペース(予約不可)はこんな感じで下は綺麗に整備されています。
予約もなしに一か八かで来る人が少ないのでしょうけど空きはまだまだあったみたいです。
しかし、この時期アユの遡上がはじまっていまして、河口付近はアユの死骸が多いんです。
川のすぐ横なのでひょっとしたら風向きによっては匂いがするかもしれませんね。
知内浜オートキャンプ場

知内浜オートキャンプ場北側
知内浜オートキャンプ場

管理棟
知内浜オートキャンプ場
管理人はすごくいい感じの人でしたよ。

それにしてもバス釣り親子がとても多く、早朝からロッド持った親子がそこらじゅうに。
高木浜オートキャンプ場
きっと釣り好きの父ちゃんが選んだんでしょうね。

■鮎の遡上 キャンプ場内の小川でこんなのが観察できるんです。
知内浜オートキャンプ場

写真では見づらいかもしれませんが、黒いのは全部コアユです。
鮎の遡上
ただ、9月~11月まではコアユの禁漁期間になってます。
子供だけならまだしも、珍しいのわかりますが、親が必死に捕獲を指導している家族もちらほら・・・
みっともないので控えたほうがいいかも・・・

■魚の掴み取りイベント
開催時期の法則はわかりませんが、不定期に魚の掴み取りのイベントをやってるみたいです。
子供1人500円 PM3:00~
知内浜オートキャンプ場

これはかなり楽しいそうでしたよ。魚がなくなるまで一人何匹でも捕まえてもOK。
それなりの量を入れてくれるので少なくとも1,2匹は捕まえれると思います。
自分だけ気をつけても周りの子供が走りまわるので結局は全員水浸し。
水着があったほうがいいかも。あと軍手があると滑りにくいのでいいです。
知内浜オートキャンプ場
気合入れれば10匹以上は掴めるかと・・・野獣化してます。

魚が少なくなってきて捕まえにくくなったので秘密兵器投入。
知内浜オートキャンプ場
偏光グラス・・・ものすごい見えるって魚を追いかけまわしてましたね。

魚掴みが終わると1人2匹お持ち帰りします。
知内浜オートキャンプ場
その場で焼いてもくれますし、串刺しだけして生のまんまもらって帰って晩御飯のBBQにしてもOKです。

■近くの温泉は

八王子荘

さらさ

どちらかになるもですが、八王子荘は少人数しか入れないので団体なんかが来てるととんでもない待ち時間が発生する場合があります。その場合はさらさに。さらさもみんながお風呂に入る時間は平気で30分待ちなんてことはありますので、夕食前に行くといいかも。比較的空いてます。

■番外編:高木浜水泳キャンプ場

知内浜オートキャンプ場からマキノプリンスホテルをはさんで高木浜水泳キャンプ場というのがありましたので様子を見に行ってみました。
高木浜オートキャンプ場

ほとんどが湖畔に面したサイトになっているようです。
高木浜オートキャンプ場

非常に綺麗なところなのですが、1つ残念なお知らせが。
眺めもよく、湖畔のサイトで気持ちよさそうなのですが、目の前でウェークボードを引っ張るボートがうろうろ・・・
マリンジェットは走ってなかったですが、ボートOKなのかな?
マリンスポーツを目的でキャンプに来られる方はいいのですが、純粋なキャンパーにとって、琵琶湖でのボート系騒音は公害以外何者でもないんですよね。何年か前に2ストエンジン禁止になったので水質が悪くなってる確率は低いのですが、やはり騒音は気になりますよね。
騒音が気になる人は予約時に要確認です。
高木浜オートキャンプ場

コメントの投稿

Secret

私と違ってちゃんとしたキャンプだ(笑)

知内オートキャンプって有名なんですね。すっごい人

松の木の下が、日中は涼しそうでよさげですね
夜テントで寝るときも波の音が耳に心地よさそうです

水上バイクはちょっと困りものですね
私も昔連れて行ってもらったことありますが、ちゃんと発着場もあり水上警察の見回りも1日に何度もありました。

最近は、マナーが悪いですね
釣りしてようが、カヌーで遊んでいようがすぐ近くを通りますね
漁礁まわり・漁港内は、立ち入り禁止なんですがそこ以外は規制がありません。

あとは、民家やマンションのあるところが走行禁止区域で他は特にないんですよね

結局はマナーに訴えるしかないのが現状xxx

チャリンコアングラーさん

松の日陰は嬉しい反面、脂が厄介なんですよ。
道具も車もネトネトになるんです。

そうなんですよね。マナー守らないとよけいに邪魔者扱いされるし、将来てきに不住を強いられることになるんですけどね。
まあ、悪名高きバス釣りも同じようなもんですかね?
プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
家族でアウトドアを楽しめたらええな~私も家内も楽しいし、子供たちが大きくなって家族ができたときに思い出してくれたら最高やわ・・・クソ暑くて眠れないテント、温泉で水泳して怒られ、スイカ割り、海水浴、飯盒炊飯、BBQ・・・とりあえずの楽しく生き抜いていく力と知恵を身に着けばなんとけ生きていける.そんな高卒父ちゃんのアウトドア日記

キャンプと釣り カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
釣りランキング
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
リンク
ブログ内検索
RSSフィード