意外と使ええた1品 - スポンサー広告家族でキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と使ええた1品

これ以上キャンプ道具は増やんぞ!
キャンプ道具を買うときは買い替えのみ!

キャンプをはじめて3、4年たつと、そろそろ道具収集も終わりに近づきますよね。
道具が増えて便利になる反面、収納場所、道具の積み下ろし、キャンプ場での設営と撤収、手入れ・・・と、逆に問題もでてきます。

ですので、”できるだけ道具は増やさない”よう心がけているファミリーキャンパー9年生です。

前回のキャンプ際、前日に消耗品(ガス缶)が不足していることに気づき、誘惑の心配がないホームセンター系で探すことに。
ところが、3件ほどまわるが売ってない。ちょっと大き目のスーパーでも販売してないんですよね。
すぐ見つかると思ったのですが探すとないもので、結局はスポーツオーソリティーへ。

入店するや否や、ガス缶の棚へ一直線。

と思いきや、やはりいろんな道具に目がいってしまう。

気がつけば店内を3周ほど・・・

ふと気づくとこんなものがカゴの中に

・チャコールフィルター
・LEDライト
・ダッチオーブン直火用の台
・マントル

しかも、”肝心のガス缶は入ってないやん”と、自分の突っ込みを入れる始末。

あかんあかん、とりあえずチャコールフィルターとダッチの台は元の棚に戻した。

マントルは消耗品やし、LEDライトくらいはええか、安いし・・・

と買ったのがこのAlpine製のLEDライト。
テント用と思ったのですが、わりと明るいのでリビングでもギリギリ使えます。
琵琶湖キャンプ
スクリーンタープに斜めにロープ張ってぶら下げてみました。

さすがにメインの光にはなりませんが、食後の団らんや、大人だけの夜の時間を過ごすための光量としては十分かも。
200W級の大きいランタンは確かに明るいのですが、全開で燃焼させると2,3時間しか燃料がもちません。
このエコの時代、必要に応じて使い分けるのもいいかなと思いました。

電池もこんなのを入れるとさらにエコ?エネループ・・・
琵琶湖キャンプ
はい、自己満足です・・・

ところで、そうそう、思い出したことがあるのですが。
私が店内をうろついているとき、テント一式の購入を考えている家族がいたんです。
お父さんと、お母さん、それと歩けるかどうかギリギリのお子さん一人。
いろんな断片的な情報を入手した状態で店員にいろいろ質問しているのが聞こえてきたんです。
テントのオプション品は何が必要かと店員に尋ねるんです。
すると店員さんは
グランドシート、インナーマット、エアーマット、アルミマット・・・
などがあると・・・
ただ、店員さんの知識も若干チープな感じで、お客さんとも会話が噛み合ってないんです。
”あったほうがいい”という言い方で締めくくるので、お客さんもそれぞれいるものなのか、いらないのか結局分からない。
個人がどこまで快適性を求めるだけの話なのだと思いますが、本来は行く予定のテントサイトの状況に応じたものを選択するのがベストなのでしょうけど、そんなの行ってみないとわからないですよね。

もし自分が店員だったら
・グランドシートはブルーシートで代用すればいいですよ。
・インナーマットは必要だと思ったらキャンプ2回目に購入を検討したら如何でしょう?
・エアーマットは人によって合う、合わないが極端にでるので慎重に。買うなら、とりあえず1つだけ。
・アルミマットは値段も手ごろ、いろいろ流用できるので失敗は少ないのでお勧めしますよ。

かな~ これだとお店が儲からんか・・・

それとグランドシートなのですが
琵琶湖キャンプ
このようにテントからグランドシートがはみ出している人がわりと多いので気をつけて下さいね。(周りを軽く観察するだけで4割近くいたかも)
一見、ちょうどのサイズでよさげに見えますが、グランドシートはテントより少し小さいのが理想です。
なので、ブルーシートなどで代用する場合ははみ出した部分は折り込んでテントの底に隠してしまいましょう。
天気のいい日は問題ないのですが、この状態で雨が降るとどうなるでしょう?

テント全体が水没しますよ~

夜に雨が降る→暗いし雨だし面倒だし対処しない→フライシートを伝い→グランドシートに雨水が→テントとグランドシートの間にどんどん雨水が溜まる・・・
朝起きたら寝袋、荷物、テント内がびしゃびしゃ。
普通にありえる話なので気をつけて下さいね。テント内に水が浸入すると最悪ですよ~

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。