今シーズン琵琶湖3回目の釣行 - スポンサー広告ブラックバス釣り釣果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン琵琶湖3回目の釣行

4月4日(土)琵琶湖

先に結果を申し上げます。

釣果 = 0匹です。

やってしまいました。今シーズン2回目のボウズです。

夜中にカネカ横公園駐車場に到着。車はほぼ満車状態。

入ってくるアングラーがいる一方撤退するアングラーも多く、数人に声をかけてみるも皆さん首をかしげるばかり。

釣れない状況+人が多くハイプレッシャーで最悪とのこと。

ワームでネチネチやるしかないな~ということでシステム変更しているアングラーもちらほら・・・

しかし、今回は”鉄板ルアーで釣る”という課題を勝手に自分に課しての釣行。
まずは 16lbのライン 1/2ozの鉄板ルアー で開始。

お~噂どおりよく飛ぶ~

確かに、シャローに上がってくるプリバス君捕獲に効果的なルアーっぽい。

しかし、カネカのウィードは厚くて手ごわい。後ろ向きのダブルフックなのだが・・・

さすがに比重の重い巻物系ルアーはきつい

ここでワームに変更か・・・

いやいや狙うはロクマルである。

とりあえずここは体力温存ということで仮眠をとることに。

そして4:00起床

前回、お世話になったポイント カネカと新唐崎の間の公園へ

雨も降っているのでウェーディング着用。

もちろん、(というかアホですね)持参するのは20lb+ベイトリール1本と

1/2oz鉄板ルアー数個 + 18gバイブレーション5,6個・・・

狙いはボートが入る前に遠投してプリバス君の捕獲

である。

おっ、先行者がいる

しかし、先行者はワームのようである。

それならば岸遠くはまだ手付かずなはず。

少しでも遠くに届くよう入水

・・・

冷たっ

???

あれ?今年に入って過去2回の釣行のときよりも冷たくないか?

まあでも日に日にプリのバスは岸に近づいてきているはず。

そう、はず。

そう思い込みながら遠投を続ける。

30分・・・  1時間・・・

この間、もしや?あれ?というアタリらしきものが1回あったきり。

そうこうしているうちにボート船団現わる。

自分のルアーが届くところまで進入。

いつものごとく オイオイ~

が、やはり釣れないのかみるみるうちに船団は岸から遠ざかっていく。

これがこの日の答えなのだろう。

そのころ、先行者が撤退モードに入ったので声をかけてみた。

『水温低いですね~ まったくですわ~』

1本もでなかったようだ。

大宮川の水温が高いとの情報が入ったとのことで移動するとのこと。

自分も同行させてもらおうかと悩んだが・・・

眠さに負けて一旦車に戻ることに。

この日は昼間もずっと雨

気温、水温の上がる要素もまったくなく夕まづめに。

この状態ではシャローに立ち込んでがんばっても釣れる気がしない。

仕方がないのでカネカでワーム・・・

いやいや、一瞬弱気モードになるが、ここは我慢。

再度、”狙うはロクマルと”自分に言い聞かせる。

そしてチョイスしたのはスピナーベイト。

久しぶりに使ったのだがさすがスピナベ。ウィードレス性能はずば抜けている。

気持ちよく1時間半ほど投げ続けるも反応なし。

周りでも釣れたのは確認できませんでした。

ここでひとまず晩飯食いながら作戦会議。

・・・

ラストは 気分転換で天神川 河口へ

ところが・・・あれ?車少なくない?

駐車スペースがあるか心配していたのが・・・

雨+ここも水温が低く 結局、30分ほどで気持ちがメゲてしまった。


今回は日が悪かったということで引き下がろう・・・

次週にかけます。

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。