ホームページビルダー19sp できないこと

ホームページビルダー19sp できないこと

ようやく8割がた完了しましたのでレポートの続きです。

ホームページビルダー19sp レポート1回目はこちら

簡単に言うと Version19から 2つの種類のまったく違うソフトが入っています。

ホームページビルダー19 SP

1つは今までのホームページビルダー18の純粋な後継バージョンホームページビルダークラシックという名前になっています。

使い勝手は今までと同じで、機能強化されているだけす。

一方、ホームページビルダー19 SPはメニューも使い勝手も違う、まったく別物のアプリケーションになります。

クラシックを使いこなしているユーザからすると『ホームページビルダー19 SPは おまけ』という位置づけになるようです。

私もよく分かっていないのですが、WordPress風になっているようです。

スマホ版に簡単に変換するにはWordPressを利用することが最適なようなのですが、私が使っているプロバイダー契約でおまけでついてくるホームページには使えないことが分かりました。
どうも、WordPressはサーバにインストールして使うツールで、データベースが使えるサーバなど基本的にはレンタルサーバのサービスを提供しているところでないと利用できないようです。

けど、今までのホームページビルダーでもスマホ用に変換できるやん

と突っ込みが入るかもしれませんが、これがなかなかうまくいきません。

ホームページビルダークラシックのスマホ変換はボタンを押して、1ページづつ上書き変換する仕組みになっています。

こいつの最大の欠点は、上書きするので基本的に元に戻せないというところです。

メニューやページを増やしたり、デザインを少し変更した後に変換すると・・・

だいたいの場合、デザインや配置がめちゃくちゃになり、結局は手直しが必要になるという欠点があります。

しっかりした設計があって、はじめのころにザックリ変換するにはいいのですが、少しづつコンテンツをを増やしていく人には向いていません。

参考まで エギングのページ

PC版
http://www7b.biglobe.ne.jp/~outdoor/

携帯版
http://www7b.biglobe.ne.jp/~outdoor/sp/

携帯ページの同期を行ったのは2回だけで、基本的には別々に編集しています。


そこで、なんとか簡単に携帯版に変換したい

→ホームページビルダークラシックはスマホ変換の使い勝手が悪い

→WordPressが使えないサーバ


ということで ホームページビルダー19spにたどりついたわけです。

試用版をダウンロードしてある程度使えると踏んでスタートしたのですが・・・

少し使い出して

あれ?ちょっとおかしいぞ?

何度、引き返えそうと思ったことか・・・

しかし、せっかく買ったし、1サイトくらいはやりきろうとがんばったのが


家族でオートキャンプ


です。

ほんま必死のパッチで作りましたよ!

4月の下旬、GWからはじめたので約1ヶ月かかりました。

もともとあったページの変換なのでそんなに時間も労力もかからないだろうと思っていたのですが大間違いでした。


普通にできると思っていたことが、ことごとくできないんです。


<ホームページビルダー19sp できないこと一覧表>


1)デザイン配置の自由度は極端に低い

 スマホ版に簡単に変更できるようにするため、カラム単位、さらにはそのカラムの中に画像、テキスト、表という
 パーツを配置していくイメージでホームページを作成していきます。

2)ラベルをつける機能がないのでページの途中に飛ばすことができません

 ページの構成、デザインなどの変更を考える必要があります
 
3)拡張子はhtmlで固定 htmには変更できません

 seo対策と思い、既存のページと同じファイル名にしようと思い合わせたのですが、拡張子が違うため
 別のページとして認識されている可能性があります。旧ファイルを消していいのか迷っています。
 これはほぼ完成したときに気づいたのでほんま焦りました。
 まったく同じファイル名にしていたので、既存のファイルが上書きされていると思っていたのに、旧ページ
 が表示されるんです?おかしいな?と20分くらい悩んでようやく理解しました。

4)毎回、作成したページのすべてを転送します

 クラッシクのように前回から変更のあったページのみなどの設定ができないため、1ヶ所変更するたびに
 すべてを転送するので数分かかという

5)エンターキーで改行できない

 改行だけでなく、文字の色をかえる、大きさをかえる、デザインかえる、リンク設定・・・
 すべての操作はメニューバー経由での変換になります。ツールバーやツールボックスの概念がないので

6)右クリックでの操作はほとんどできなくなる

 表やテキストボックスに対する操作、例えば列を削除などはあるが、画像を編集するとか、文字を変更するメニューなど  は一切 ない

7)表の使い勝手がめちゃくちゃ悪い-1

 クラッシックだと縦2列、横2列など表を作る際に決められますが、SPは4×4の固定となっています

8)表の使い勝手がめちゃくちゃ悪い-2

 行の追加、行の削除のメニューアイコンがない あのアイコンがめちゃくちゃ便利だったことを実感する

9)表の使い勝手がめちゃくちゃ悪い-3

 表という概念のみでセルという概念がない.縦と横と同じ数の表しか作れない。例えば1列目は横1つ、2列目以降は2列 などと いうデザインが簡単にできない。
 もしやるとするなら1列、横1つの表+1列、横2列という表を作る。交互になるようなデザインであれば延々と表を1個づつ 作る必 要がある。

10)リンク設定すると自動的に色がかわる機能がない

  リンクを設定した後に 毎回、色を変更する必要がある

11)HTML、スクリプトの編集
 
 基本的にHTMLファイルのテキスト編集はできないようになっています。直接何か書き込みたいとこは HTLMパーツの箱 を配置 してから中身を編集する仕組みになっています。
 例えば、イメージ画像のaltなどの編集する場合も直接の書き換えができず、最大で3ステップを踏んでから編集し、編集 後にOK ボタンを押して上書きという手順となります。
 ※この編集画面を開くごとに意味不明の文字が追加されるというバグがあったのですが、最新のパッチで 2015.05.19  で直り ました。

12)配置する段落がよく分からない
 
 目では見えないようになっており、配置しようとしたパーツがどの箱に入るか分からない
 言葉で説明するのは難しいのですが、左の列を揃えるのがめっちゃ難しい。


このように ホームページビルダー19sp にはさまざまなできないことあるのですが

唯一の利点は

『リアルタイムにスマホ版に変換したデザインを見れる』

ことです。

クラシックのようにファイルの書き換えの必要がないので、少しおかしいな?少し位置をかえたいと思ったらすぐに反映して確認ができます。

変換後のデザインの自由度がないのはクラッシックも同じなのですが、ほとんど意識することなくスマホ版ができているというところがいいところです。スマホやパッドからの閲覧が70%くらいになっているらしいです。いろんな制約がでてきますが、趣味の範囲でとりあえずスマホ版を作りたいなと思う人には向いていそうです。
中級以上の方には物足りないかもしれまんが、特にはじめてならこれが普通と思えばいいので、メニューのたくさんあって何でもできるクラッシックより、ホームページビルダー19spからはじめてみるのも1つの手かもしれませんね。

ただし、互換性がないので作り込む前にクラッシクがいいか ホームページビルダー19spがいいか考える時間があったほうがいいかも.

ホームページビルダー19 SP

Tag:ホームページビルダー19 SP

COMMENT 1

オグリン  2015, 06. 15 [Mon] 17:53

No title

初めまして、オグリンと申します。

通りすがりですが、詳細なレビューに興味を惹かれて読みました!
僕はホームページビルダーは使ったことがないんですが、
結構出来ないことが多いんですね。

ちなみに僕はSIRIUSと言うホームページ作成ツールを使ってますが、
直感的に作業できる事が多いので結構便利ですよ(^o^)
http://oguneko.com/link/sirius/

スマホなどの対応もワンクリックでOKなので重宝しています。

Edit | Reply |