片山市民プール

暑いな~

天気予報はあまりよくなかったのだが強引にプールに行くことに。
ただ、ちょっとお父さんお腹痛い・・・

時間制のほうが引き上げる口実がつきやすいので市民プール系に行くことに。
親としてはプールで遊ぶのもいいのだが泳ぎの練習をしてほしい。
そこで吹田市の片山市民プールへ行くことに。

ところが、冬季の室内プールなかったのだが、夏季の屋外プールは身長別の入場制限があったのです・・・

1)滑り台付きの赤ちゃんプール→誰でもOK
2)水深1m弱の25mプール→身長110cm以下は単独入場ダメ(保護者同伴の場合はOK)
3)50mプール→身長140cm以下ダメ、保護者同伴でもダメ

息子ちゃんは120cm弱なので25mプールまでしか入れない。

そして、25mプールはというと・・・

25mの野外水風呂状態ではないか
泳ぎどころか、プール内の移動すらままならない
あまりの人の多さでただ浸かっているだけの状態

子供自身はなんとか楽しそうに遊んでいたが・・・

一方、50mプールは空いてましたし、2レーンは縦泳ぎ専用で確保されていました。
大人2時間まで200円。へんなスポーツジムに行くよりかなりお得かも。

後、夏季(6/30~8/31)は駐車場がなくなってます。自転車置き場になるようです。

プール自身の入場料金は
大人200円
小学生以下100円
(2時間まで)と非常に安いのですが、駐車料金が・・・

夏季期間、駐車場がなくなることを知らなかったので思いっきり車で行ってしまいました。
仕方がないので近所のスーパーマーケットのライフにコインパーキングに駐車することに。
まあ、こんな人が多いのでしょう。土日、祝日は200円/30分となっているではないか。
(500円以上のお買い物をすると1時間無料になります)
結局、プール代金より高い駐車場料金を払うことに・・・
運が悪いとこの駐車場も並ぶことになるので車での行くのは避けたほうがよさそうです。
自転車で行けない人は(うちも含めて)夏季期間中の片山市民プールは諦めるべし。

もっとハイシーズンになればかわるかもしれませんが、プール内で販売しているのは紙コップのジュースのみです。利用する人はこのあたりも気をつけてください。

COMMENT 0