キャンプと釣り

キャンプや釣り、休日に子供と遊んだ日記 近畿地方を中心にキャンプや波止場で海釣り、琵琶湖を中心にブラックバス釣り

Top > 子供と遊び > 息子とデート

息子とデート

2008年6月28日(土)

恐竜というキーワードに騙され、騙されたというか勘違いだったのですが

REPTILES FEVER 2008
~小さな恐竜たちの世界~

に行ってきました。

家内と娘は家でお留守番ということで息子と二人でのお出かけとなりました。
家族だとほぼ100%車移動になってしまうのでたまには電車に乗ろうということで地下鉄をATCに行くことにしました。ただATCに行くだけでは面白くないので、ここ最近たこ焼きにはまっている息子のために道頓堀の大たこを食べに行くことにしました。

飲みで年に何回かは行くことはありますが幼稚園の息子とミナミをウロウロするのも不思議な感覚です。ちょっと浮いてる?そう思いながらとりあえず戎橋に到着したのでグリコの看板を目線で合図する。しかし、何のことか理解できていない模様。

父:『ミナミの帝王のビデオではじめにでてくる場所やん』
園児:『あ~わかったわ~』

街金のマンガで理解しあう親子・・・親が親なら子も子である

そうこうしているうちに周りの人の外国人率の高さに気づく。
もしかして旅行者に紛れ込んだら写真とかとっても恥ずかしくないんちゃう?
で~ん やったりました。
難波

大阪に住んでいてこの看板をバックに写真を撮ったことがある人は逆に少ないのではないでしょうか。

ここまできたらこちらもパチリ
難波

撤去前だからでしょうが人形のまわりには常に2,30人の人だかりが。ただ、さすがに人形の横に並んで写真を撮るのはみんな恥ずかしいようで、人形から2mほどの半円を描くように人だかりができています。まだ11時という時間帯なのに食道入口も大行列。みなさん記念に食べておこうと思ってらっしゃるのでしょうか?4,5年前に1度だけ行ったことがありますが”土地代が上乗せされたちょっと割高な定食屋”というイメージが残っています。大きな期待は禁物なような気がするのですが記念ということならいいのかもしれません。

そして次に向かったのが 本家大たこ
難波

あれ?元祖大たこどこ行った?
運よくほとんど並ばずに買うことができた。

そしてドンキを眺めながらあっと言う間にたこ焼き完食
難波


次の予定はラーメン。少し時間を潰してからと思っていたのだが開店直後だからか誰も並んでいない。こりゃ~とっとと食べておくほうがいいだろうということで入店。
『イワシたるで~』(翻訳:美味しく心して頂きますという意味です)
難波

関西で一蘭?と思われるかもしれません。去年やっとできたんですよ~
決して裏切り者ではありませんが個人的に金龍や神座よりぜんぜん大好きなんです。
よほど美味しかったのか、直前にたこ焼きをたべたばかりの息子も完食。
場所的にも入店してから子供と一緒で大丈夫かなと思ったのですが子供用の器とフォークは準備してくれます。例のついたても半分折りたたんでくれました。息子は次回半替え玉に挑戦するそうです。

で、本題に戻りますが今回のお出かけの目的は
ATCでやっている REPTILES FEVER 2008 ~小さな恐竜たちの世界~ に行くこと。
会場には毎年開催されるトミカ博できたことがあるのだが入口付近の雰囲気がぜんぜん違う。あきらかに子供たちの比率が低いのである。そして、入場するとさらに驚き。会場が狭いわりには人工密度が異常に高いのである。まるで会場自体が満員電車。交通整理などもされていないので入口付近もめちゃくちゃ。やっとの思いで比較的人口密度の低いエリアに到達。

さっそく恐竜を探す・・・

このあたりでやっと勘違いをしていることに気づく
展示会の題名がややこしいこと書いて混乱させているのだが、簡単に要約すると

爬虫類専門のペットショップの展示会&即売会

なのである。息子的にはミニ動物園のような感覚で楽しいんでいたので問題ないのだが、小学生未満無料の意味がわかったような。ヘビ大売り出し中!!!
難波

あまりよくわからないのですがヘビは1万円くらいからあるみたいです。違いはわからないのですが高いのは60万円とか・・・おそらく希少価値が高いのでしょう。
難波

なかでも息子が一番興味をもったのがこの幼虫。カブトムシの幼虫の5倍くらいはあったでしょうか。
ほしいと言ってましたがお父さんのお小遣いでは買えません。
難波

すごい人ごみなのですが息子がものすごく興味はあるようで会場を3周くらいしたでしょうか。このころから我々親子の脳が侵されだす・・・

父:『なんかヘビってかっこええな~』
息子:『うん、うちでも飼おうや~』
父:心のなかで・・・1万円くらいやったらなんともならんわけでもないしな~

かなり飼う気モードに突入している。
これが爬虫類の魅力なんでしょうか。
こうなってくるとどれを買おうかという目つきや会話になってくる。そうすると自然と店員さんも近づいてくる。エサの話とか飼い方とかいろいろ教えてもらった。
ここで少しだけ冷静になる。
我々バカ親子だけではヘビは飼えない。
お金の問題以上に大きな関門はママである。
そこで息子に電話させることに。

息子:『もしもしママ?』
息子:『あんな~ ヘビ飼っていい?』
ママ:『?X!?X!?X!』(電話なので聞こえない)

そして15秒ほどあっという間に戦いは終わったようだ。

父:『ママ何て言ってた?』
息子:『パパにアホか!って言っといてやって』

・・・・

そりゃそうだ
冷静に考えたらヘビはな・・・
それでもなんかヘビの不思議な魅力に取りつかれてしまった親子。
ついさっきまで怖がっていたヘビに自ら進んでいく
難波

勘違いして行った展示会だったか結局はそれなりに楽しめたイベントであった。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
家族でアウトドアを楽しめたらええな~私も家内も楽しいし、子供たちが大きくなって家族ができたときに思い出してくれたら最高やわ・・・クソ暑くて眠れないテント、温泉で水泳して怒られ、スイカ割り、海水浴、飯盒炊飯、BBQ・・・とりあえずの楽しく生き抜いていく力と知恵を身に着けばなんとけ生きていける.そんな高卒父ちゃんのアウトドア日記

キャンプと釣り カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
釣りランキング
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
スポンサードリンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ランキング
リンク
ブログ内検索
RSSフィード