トップページ - キャンプと釣り

琵琶湖バス釣り

琵琶湖バス釣り 2018年4月12日

できるだけ釣れない日記はさけたいのですが、ご報告致します.

夜釣りの部も1回に数えると、3連続で完全試合.

アタリなしきものもなし、ワームで攻めるもギル当たりもなし.

小バスを含めいったい、どこに魚はいったのか・・・

ここまでノーフィッシュがつづくとほんとしんどい.

とにかく1匹ほしいと鉄板ポイントに入るも・・・悪天候で釣り成立せず
琵琶湖バス釣りポイント

やること全てが空回り

こういうときって何をしてもダメですね
>>詳しくはこちらで

琵琶湖バス釣り

2018年3月17日夕まづめ 琵琶湖バス釣り

今シーズン初釣行で『でちゃいました』

琵琶湖ばさーの夢は10ポンド、ナナマル・・・

いやいやいやいや、
昨今の琵琶湖は厳しんです.
ナナマルなんて、噂話すら聞かなくなりつつあります.

ここまで、ハードル下げる枕詞.

おかっぱりではなかなか50upすら釣れにくい状況で・・・でました

釣れました
琵琶湖バス釣り

58cm 2cm足りませんでしたが、素直に嬉しいです.

ここ2,3年、小型化が進んでるような気がします.

まあそれにしても、バスボートに乗らなくても55UP釣れちゃう琵琶湖って夢のあるフィールドですね.

>>55UPの詳しい釣り方はこちらで

Tag:琵琶湖バス釣り

2018年バス釣り始動

2018年3月17日

琵琶湖バス釣り始動

今年は少し暖かくなってからと思い、我慢して、我慢して

ボチボチ温かくなってきたということで、今週末を予定したとたん・・・気温の低下

準備したし、我慢できず、ボウズ覚悟で行ってきました.琵琶湖IN

シーズン初回ということもり、基本的には地形の確認が最大の目的.

=釣れないときの言い訳

毎年のことなんですが、バイブレーションで地形、ウィードの状況を確認で腕試し.

今年は、枯れウィード多数残存.

藻狩りがなかったのか?ウィードの発達がよかったのか???

まあ、春だけバス釣りオジサンなんで、夏以降の状況分かってません.

そんなに悪そうな状況でもないというのと、気温は低いのですが、水温はほどほどにある

数日前までのポカポカ陽気のおかげ?もしかしたら釣れるんちゃうん、、、ポジティブシンキングで巻いていると

開始10分ほどで・・・
琵琶湖バス釣り
35cmほどの小型でしたが、なんとか開幕

マジっか~

この時期は1匹釣るのもまあまあ大変なんですよね

その後、複数匹・・・

詳しくは >>琵琶湖でおかっぱりにて

Tag:琵琶湖バス釣り

フィッシングショーOSAKAニジマス釣り

何年ぶりかろか?数年前まで一緒に行ってた息子ちゃんは自分より背も大きくなって、遊んでくれる気配なし.

いろいろご褒美を提示して、2018年のフィッシングショーOSAKAは小学生の娘と一緒に行ってもらいました。

まったく参加するつもりはなかったのですが、ATC前の駐車場に車を入れるため、少し早めに現地到着したので試しに並んでみることにしました.

ニジマス釣りに参加するためには
・何時ごろ並んだらいいの?
・どこに並べばいいの?
・どうやって釣り券を買えばいいの?買えるの?

>>>フィッシングショーOSAKAニジマス釣りのお作法の詳細詳はこちらで

おせいじにも『上手い』とは言えませんね

2018フィッシングショーニジマス釣り

釣果は7匹

数年前まで息子や息子の友達と一緒に行ってるときは、気合入れて、2時間半前とかから並んで朝2番目とかのAM10:00過ぎの時間帯で釣りをしていたのですが食いが悪かったんです.ところが、今回、PM2:00過ぎの回だったのですが、1投ごとに確実に食ってくるんです.

水も程よく濁ってきて、魚も落ち着いてきたのか?過去の息子たちと行ってたときよりかは食いが立っていたような気がします.バラシが多いのでそれほど数は伸びていませんが、仕掛けを投入して数秒でアタリがある状況でした.午前中より午後のほうが釣りやすいのかもしれませんね.


ところで、ニジマス釣りを始める前、アシストしてくれるお兄さんに釣りはしたことある?と聞かれたようなのですが、『うん』と元気よく答えたそうです.てか、あんた、サビキ釣りを2回ほどしただけやん.釣り経験者と言えるレベルではまったくないのですが、ある程度できると思って任せてくれていたようなのですが・・・ロッド操作も怪しいぞ?バラシも多すぎ、取り込みもめちゃくちゃ・・・あまりに釣れないので途中から補助してくれてました.7匹のうちの半分はアシストのお兄さんが釣ったようなものです.
他人が釣りをしているのを見てる限りだと簡単そうに見えたそうですが、実査にやると難しかったようです.

Tag:フィッシングショーニジマス釣り

2018年2月 ラングイの寒サバ釣り

2018年の初釣りは 和歌山沖 ラングイの寒サバ釣りとなりました.

毎年の恒例となっている2月の寒サバ釣り

主たる目的は『脂の乗ったマサバのお刺身を食べる』です.

そして、干物

昨年は10%の塩分で試したのですが、若干薄味すぎ?な感じだったので今年は12%で1時間で試してみました.

ちょうどいい塩加減、まさしくええ塩梅に出来上がりました(来年のためのメモメモ・・・)


釣果は渋めの23匹

40cm級のお刺身用5匹 それ以外は中サバの群れだったようです.

釣りあるある:事前にご近所に声掛けしてたら釣れない説しっかり発動

サバのお刺身って当日しか食べられないので4人家族でも1本で十分

後、生食で楽しむとしたら締めサバ、翌日用の半生で食べる1本、翌々日に食べるしっかり締まった1本

合計3本あれば十分なんですが、これがなかなか釣れないんですよね.

中サバをおすそ分けすることもできず、、、無念の結果となりました.

2月に快晴の確率は低いと思いますが、当日は大荒れの天気

ほんまに出船するの???
ラングイの寒サバ

こんなことになると思ってなかったので撥水性の低い防寒ウエアを着用していたのですが、頭から波をかぶりまくり

おまけに、レンタルしたバッテリーの電圧が低いようで、魚が掛かるとモーターストップ
電動リールの液晶に今まで見たことない電池マークが点灯 アカンやつです.



久しぶりに楽しいというより大変な釣りとなりました.

Tag:ラングイの寒サバ